レンダリングサーバーの構成

3DCGなどを作る場合はレンダリング専用のサーバーを利用することが多くなっています。



パソコンレベルでもGPU性能が上がっているのでレンダリングは格段に早くなっていますが、4k画質やポリゴン数の増加もあってGPU性能だけでは足りなくなった企業が増えています。

最新のマイナビニュースの情報を提供しているサイトです。

レンダリングサーバーについては古くから検討されており、XEONなどの高速CPUを複数積んだサーバーを多数用意したり、専用のICチップを搭載したボードを利用して構成されてきました。これらのサーバー群は専用ソフトで運用され、一般的な3Dソフトや動画アプリケーションから利用できるようになっています。計算された結果は高速なネットワークで転送されるので利用者にとってメリットが大きなシステムですが、各グラフィックボードも進化してきているので最終的なレンダリングのみに利用されるケースが増えています。
また、中には個別に運用できるレンダリングボックスも登場しています。



レンダリングサーバの構成も単純にサーバが増えるというよりもGPUをいくら積めるかが重要になっています。
多い筐体では4枚以上のGPUボードを積んだタイプも登場してきており、計算の能力が格段に進歩してきています。


GPUについてはNvidia製が多いですが、AMD製のボードもワークステーションレベルで採用が進んでおり、一部はサーバー用途でも利用されてきており、競争が激しくなってきており、利用範囲が広がっています。

top